ささっと脱毛したいならカミソリがおすすめです

ささっと脱毛したいならカミソリがおすすめですが、どうしても肌の負担になってしまいます。剃る前にジェルなどを塗る、きれいなカミソリを用意するといったことが重要と言えます。
無事に剃り終えたら、石鹸などで洗わずに、お風呂には入らないようにして、肌を保湿します。脱毛をしても、すぐにまた生えてくるムダ毛ですが、だからといって習慣的に熱心に剃っていると、色素沈着を誘発します。VIOラインの脱毛については以前よりニーズが高まってきた感があります。脱毛サロンでも施術を受けることができるのですが、この部位は取り扱わないサロンもあり、確認した方がいいでしょう。当然ですが、この部分の施術を生理中に行うサロンは存在しませんから、脱毛サロンに予約を入れる時にはなるべくなら身体の周期も考えて日程調整をしましょう。VIOラインを脱毛サロンで脱毛する利点と言えば、とにかくプロの手できれいにしてもらえるということと、また場所柄自身で処理するのが難しいところもやってもらえます。脱毛サロンでカウンセリングを受ける時は、質問事項にできるだけ正確に回答するように心がけましょう。お肌が荒れやすかったり、アトピーである場合は、脱毛を断られるケースもありますが、嘘をついて受けてお肌にトラブルが起きてしまったら、だれでもない、あなたが困るのです。尋ねたいことがあるときは尋ねるようにしましょう。男性でも通える脱毛サロンはほとんど無いといってもいいのではないでしょうか。
男性と女性が混在ということはほとんどなく分かれています。脱毛という女性にとってデリケート問題に男性が関わってほしくないと思っている女性が多いので、あまり不自然なことではありません。
わずかではありますが、男女ともに利用可能なエステや脱毛サロンも存在しますので恋人と一緒に気兼ねなく通うこともできます。
脱毛器ソイエを使った人の口コミや評判は、あまり良いとは言えません。
そして、ソイエは長いスパンで見るとオススメしたくない脱毛器です。
どうしてかと言えばソイエは毛を掴んで抜くタイプの脱毛器だという事実があるからなのです。脱毛は可能ですが、脱毛を繰り返しても、ムダ毛は減っては来ないのです。
ムダ毛を処理してしまいたい時に、自分の家で脱毛クリームを使ってなくしてしまう女子も多いです。脱毛クリームは肌の表面のムダ毛を溶かしてくれるため、スベスベの肌が手に入ります。でも、便利な事だけではなく、ムダ毛を溶かしてしまう成分は、肌を攻撃する力も強いので、誰が使ってもトラブルが起きないとは言い切れません。
それだけでなく、気が付くと余分な毛が気が付くと復活しているのも困ります。
光脱毛の施術を受けた日には、入浴することは推奨されていません。もし、シャワーだけでも浴びたいという方はボディソープは不使用で、ぬるま湯でさっと流すようにすると良いでしょう。
次に、デオドラントスプレーや薬の内服などはできないとされています。そして、肌にやさしい保湿力の高いタイプの化粧品を塗布し、乾燥肌にならないようにしていきます。それから、汗をかいたり体を温めてはいけません。自宅で無駄毛を抜けば、自分に丁度よい時間に処理できるので簡単です。カミソリを使用しての自己処理が基本ですが、肌にダメージを与えることなく楽ちんに無駄毛処理を済ませられる新しい手段として脱毛剤という選択肢があります。脱毛のテクニックも進化しつつあり、数多くの脱毛剤が売られており、無駄毛の根本から抜きとったり、無駄毛自体を溶かすようなもあります。脱毛時に痛みを感じるときは、やわらかタイプの保冷剤や、冷たく冷やしたタオルなどで肌をクールダウンさせてから行うと、痛みや刺激を抑えることができます。
トーンコントロール機能つきの脱毛器も増えてきましたね。この場合は、無理のない程度に出力を弱く設定してください。
出力の強さは脱毛効果に比例しますが、痛みがつらかったり、脱毛後のほてりなどがあったりしたら、無理は続かないのではないでしょうか。
また、その無理は、本来必要のないことなのかもしれませんよ。一番強い出力で大丈夫な人と、そうでない人がいます。弱い出力でも効果が得られるように設定されていますので、時間はかかりますが、気長に続けていきましょう。
ニードル脱毛といった脱毛方法だったら毛の色素が薄かったりして脱毛がやりにくい場合や色素沈着などがお肌にあり、光やレーザーで脱毛が出来ない箇所でも永久脱毛をキレイに行うことが可能です。毛1本1本に対して電気処理を行うため、施術時間はかかってしまいますが、その分、確実に脱毛することができます。

next page

アンダーヘアの脱毛もできる脱毛

アンダーヘアの脱毛もできる脱毛器を探しているのなら、アンダーヘアに対応していることを明記している脱毛器を選ばなければいけません。
非対応機種でムリに脱毛すると、効果が得られなかったり、やけどをしたり、炎症を起こしたケースもありますから、非対応かそうでないかの確認は、気をつけなければなりません。
また、アンダーヘア脱毛対応機種の中でも、出力を調整できるものなら、痛みや脱毛を最小限に抑えて脱毛することができます。ビーエスコートというサロンをご存知でしょうか。全身のどのパーツの脱毛でもまったく同じ均一料金で施術できるという点だと思います。ワキ脱毛いくら!とか、一箇所で格安価格をうたっていても、実際に確認してみると背中やスネなど、その他の部位の価格が割高なサロンもあるので、総コストがすぐわかる料金表示は、ありがたいです。ジェルを使わないで光脱毛を行いますから、1本1本に施術するのに比べて短時間でできるのも魅力です。
ムダ毛を自己処理していると、たくさん埋もれ毛になってしまったりしますよね。何とかならないか、と無駄にあがいたりすれば、求めていた綺麗なお肌とはかけ離れた肌になってしまいます。
埋もれた毛の対策としては、レーザー・光等の脱毛処理をしてもらったり、自分でするとしても、軽いピーリングなどに留めておいてあくまでじわじわと抜けるのを待つことが良いのかな、と経験上思います。
その状態で肌のお世話をせずにいると色素が沈着したりすることもあります。
これから全身脱毛を予定している方の場合、費用や効果とあわせて気になるのが、脱毛にかかる回数のようですが、だいたい20回前後(18〜24回)を目安に考えると、相応の効果が出てくるでしょう。脱毛方式がいろいろあるのをご存知ない方もいらっしゃいます。
実はサロンごとに提供している施術方式は異なっていて、あるいは、個々の毛の質や量はもちろん、肌のタイプにもよるので、これならOKと言い切れないところがあるのは、やむを得ないですね。6回ないし8回程度で満足するような全身脱毛の効果はないと思います。
でも、その回数だけ通っていると、やはりプロの施術のおかげであとからムダ毛が発生することがほとんどないので、自己処理の手間が確実に減っているのを実感できるのが、この回数だということです。いろんな脱毛法が存在します。ニードル脱毛もその中の一つで、一旦、施術を行ってしまうと永久脱毛といえる効果が期待できることでしょう。
いろんな脱毛法の中には、脱毛効果が弱すぎて施術をしてもムダ毛が生えてくる方法も少なくありません。けれども、ニードル脱毛は脱毛効果がかなり高いので、再び生えることは、ほとんどないです。
脇の無駄毛について悩んでいたのですが、勇気を出してサロン脱毛を受けることを決心しました。
そうすると、あんなに太くて濃い状態だった脇の毛がまるで産毛のように細く変化し、量もかなり減りました。
自己処理では思うようにいかなかった為、諦めていたノースリーブの服も堂々と着て外出することができるようになりました。
脱毛について考えた時、脱毛器と脱毛サロンではどちらがいいのか、迷うこともあると思います。
両者ともにメリット・デメリットがあるため、一口にどちらがいいとは言えません。それぞれの良い部分と悪い部分を理解して、どちらが自分にぴったりなのかを考察してください。仕上がりの良さにこだわりたいなら、脱毛サロンに通うべきです。
ここのところは、季節に関わりなく、薄着の服装の女性が増加しています。
ウーマンの皆さんは、ムダ毛の脱毛のやり方に毎度頭を悩ませておられることでしょう。ムダ毛の脱毛の仕方は多種多様ですが、一番ラクな方法は、やっぱり家での脱毛ですよね。
次のような状態のときは、光脱毛は受けられませんのでご注意ください。ムダ毛を抜いてしまい、施術当日にまだ生えてきていない人は施術が受けられません。脱色して毛根部分のメラニンが不十分な方も同様です。
それに、妊娠中の方もできません。技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。
光アレルギーの方は光脱毛で照射するライトそのものがストレスになってしまうために、施術が受けられません。
日焼け直後だったり、同じ理由で、肌の状態が良くない場合も断られる可能性があります。施術の負荷は少量ですが、それが適当でないと思われる場合は、安全性のほうが優先されるのです。カウンセリング時に説明を受けるとは思いますが、持病のある方や服薬中の方はきちんと申告しましょう。
また、サロンでの脱毛方法を確認して、医師に相談してみてください。腕の脱毛を考える際、皮膚科などで採用している医療用のレーザー脱毛を選択することを選択肢に入れてみてください。エステなどでも脱毛を受けられますが、医療用であるレーザー脱毛の方がエステで利用する機械より光が強く、少ない回数で脱毛を施すことが可能です。

next page

ハモのお吸い物

遊びに行って疲れた帰り、駅ビルの魚屋さんで奇跡の安売りにあった。
マグロのお刺身一柵とウニ1パックと鱧(はも)とあじ1匹、この4パックで1000円というのである。
この魚屋さんはたまにこのミラクル売りをする。2割引とか5割引とかを過ぎ「もういいかっ」とでもいうように、突然残ったパックを集めて一山1000円にするのである。何時からとか何曜日とかは分からない。残った魚の具合によるのだろう。
ただし、調理が難しい魚も多い。今はネットがあるお蔭で、煮るとか焼くとか調理法は調べられるので、大体はなんとか食べるところまでこぎつける。
だが、まず「おろす」となると大騒ぎである。ご多分にもれず魚をおろした経験など数える程しかないからである。
この間の石鯛なんてホントに固くて、かたいからイシダイというのかと妙に納得してしまった。実際には、石をかむほどの強い力があるからなどの説もあるらしいが。
今回のハモは「骨切り」がポイントだが、すでに調理済みだったので、出汁に入れただけで実に品のいいお吸い物になった。「よく調理したね」と彼が褒めてくれた。
しかしあとで、骨切りも私がしたのだと彼が勘違いしていたことが分かり、ネタバレをしなければよかった、とちょっと思った。

next page

スイカ泥棒

「スイカ泥棒っているんだよ」と彼がいう。なんでも子供のころ、実家で作っていたスイカが食べごろになった頃なくなってしまったのだという。
スイカを作っていると言っても、別にスイカ農家なのではない。いわゆる家庭菜園である。
その年のスイカは3つ4つとなっており、食べごろを考えて番号をつけて、楽しみにしていたそうである。ところが、明日こそ食べごろだ、と思っていたスイカが、翌日なくなっていたのだとか。
「どれが食べ頃か分かる人の仕業に違いないと思う」と彼はいう。「そりゃそうでしょう」と私も思う。
スーパーで切ってあるスイカしか買ったことがない私のような人間には、まずどれがスイカ畑なのかが分からない。まさか葉っぱも何もないところにゴロンと転がっているわけではないだろう。それに分かったとしても、まず畑に入る勇気はない。他人の敷地というだけでも嫌だし、さらに畑では足跡もつくだろう。こちらの靴も泥だらけになってしまう。その上で、どのスイカが食べごろかなんて分かるわけがない。
そこまでして、とったスイカは美味しかったのだろうか?結構スリルを味わったのだろうか?
どんな犯人なんだろう?と想像しつつ、がっかりしたという少年時代の彼を思うとなんだか可愛く、結局笑ってしまうのである。

next page

大きなスイカ

彼の実家から大きなスイカをひと玉もらった。畑でとれた手作りのスイカである。
「水に浸して冷やすんだよ」と彼がいう。彼の頭にあるのはひんやりとした井戸水である。だが、もちろん井戸水などない。「ふろの水は?」と彼がいう。なにをいってるんだか、おふろには最初から熱いお湯をいれているでしょうが、と心の中で思う。昨日のおふろの水は残っていても、気温が39度もあっては水温だってそんなに下がらない。というか、さすがに使ったおふろの水につける気はしない。
それではバケツに水を入れよう、ということになったが、バケツもそんなにデカくない。スイカなんて半分しか入らない。それでもバケツに水を入れ、クールパックも入れて冷たくし、そこにスイカをのせ、スイカの上半分にはクールパックをのせた。その半分は滑り落ちてしまったが。
夕食のあと、スイカを切っていただいた。「ところどころ冷たい」と彼が褒めているのか文句をいっているのかよく分からないことを言う。しかし、とりあえず甘くて美味しかった。
半分に切ったスイカの残りは、冷蔵庫に入れた。
翌日、きんきんに冷えたスイカはさらに美味しかった。そのスイカを味わいながら「最初から半分に切って、両方とも冷蔵庫に入れて冷やせば良かったじゃん」と思った。

next page

サマードレス・コレクション

引き出しをあけるとサマードレスが山のように入っている。どれもこの前のシンガポールに遊びに行った時に買い求めたものである。
胸のところがシャーリングになっており「ツーウェイで着られます」などと英語で書いてある。しかし、私の身長では、普通にきてもすでに足首くらいまであるので、シャーリング部分をウエストにして着るのはどう考えても無理がある。それでも、とにかく涼しいので、気に入っている。
最初に買ったのは、ハワイアンプリント風の水色に青い花柄。色味も花柄も大人しく、日本でも抵抗なく着れそうだった。
次に紺色にクリーム色の花柄を1枚。ちょっと落ち着いた色なので、これも日本で着れるのでは?という計算だった。エンジ色の色違いもあり、あやうく大人買いをしかけたが、我慢した。そのあと、白に濃い目のピンクの花柄がすそに広がっているのがすっかり気に入り、ちょっと派手では?と頭にかすめたものの「安いから」と買ってしまう。次に、グリーンの布地で全体にしわが寄ったいい感じの質感のをみつけた。ちょっと光るスパンコールもついている。ちょっといいんじゃない?と、この辺から、もう完全に「日本で着るときの印象」を忘れている。さらに数枚買い求めて帰国した。
しばらくサマードレスは、買わなくてもすみそうである。

next page

フレンチトーストのおやつタイム

甘い物が食べたくて冷蔵庫を探すがなにもない。棚にもない。なにもない。
しかたなく卵とバターを出して、なにかケーキでも作ろうかな?と思っているところに、うちのすでに大きくなった子供がやってきて、やはり棚をごそごそ探し、冷蔵庫の中もムダにのぞいている。しかし当然何もない。彼も小腹が空いているらしい。しかも「これから出かけるんだけど」などという。
これからケーキを作るのでは間に合わない。しかし、こんな場合の奥の手がある。それはフレンチトースト。
名前は上品だが、お店のように上品にはいかない。卵と牛乳と砂糖を適当にボールに入れて、泡立て器で一気に混ぜたあと、食パンを四つ切りに切って浸していく。その際に時短テクニックとして、とにかく食パンにフォークで穴をぶすぶすあけるのである。こうすると卵液が早くしみこむ(と思われる)。
フライパンで焼く時にはあまり強火にせず、それでも子供の出かける時間に合わせ、適当に火加減を調節する。
バターを軽くたらすといい感じに焦げ目が出来る。シナモンなどをかけると結構よい香りである。
そして、彩りのいいランチョンマットを敷いて、フォークとスプーンを並べて、メープルシロップなどを供すると、かなりいけてるおやつタイムになるのだった。

next page

食育って大切だよね

子どもが学校で食育を受けていろいろな知識を持って帰ってきます。
「大豆って姿を変えるんだよ」と自慢げに話してくるので可愛いです。
「知ってるよ」「豆腐も油揚げも醤油も味噌もみんな大豆なんだよ」「知ってる」
こんな調子で適当に相槌を打っていたのですが…
「枝豆も大豆と同じ豆なんだよ」「知って・・・え?」
枝豆と大豆は同じ品種の豆だってこと、私も知りませんでした(汗)
実家が農家の実母に尋ねてみたところ、「そんなことも知らなかったの?」と呆れられてしまいました。
私が子どもの頃は食育なんてなかったから、大豆=枝豆なんて誰からも教わらなかったんですよ。
大豆の加工食品については家庭科の授業でぼちぼち習いましたが、枝豆って当時は酒のつまみ程度のポジションで、誰もさほど重視していなかったんです。
大豆に限らず、我々が子どもの頃って今ほど食べ物について学ぶ機会がなかったから、健康に関心のある人でないと『三大栄養素』ですらよくわかっていないと思います。
家庭だけで食育を教えるなんて難しいです。
「こんなことまで学校で教えないといけないのか」と言われそうですが、昔から学ぶ機会なんて日常の中ではなかったですよ。自分たちの子ども時代、子育て時代を思い返してほしいものです。
食育は生きていく上で欠かせないものです。学校でもぜひ力を入れて取り組んでほしいですね。

next page

雨の日のプール

雨なのに、子供達が前の日からプールに行きたいと言っていたので、屋内プールへ行く事に。
プールへ行くと、雨も上がりくもり空だけれども、外のプールにも入れたので、行って良かったです。
ただ、やはり世の中の人達は考える事は一緒なのか、駐車場に着いた時点で「混んでいる…」感で一杯でした。
案の定、沢山の人で賑わっているプール。
日曜日とあって、家族連れが多く、おじいちゃんおばあちゃんも一緒と言う家族が多い事にも驚きです。
産まれて間もないであろう赤ちゃんも多かったです。きっと、初プールなんでしょうね。
そこのプールは、温泉も併設されていて、プールも温水なので、ちょっと寒いかな〜と、心配していましたが、気持ち良く楽しむ事ができました。
屋外のプールの横にある温泉は、そこがプールなのかと思わせるほど、ゆっくりと湯に浸かっている人達も多くて、私もその一員。
子供達を主人に任せっきりで、申し訳ない気持ちも少しはありながらも、主人は主人で、子供達とはしゃいでいると、それだけでリフレッシュになっているようです。
3歳の末っ子が遊び過ぎて、疲れて昼寝を始めたので、プールサイドでゆっくり。
そうなってくると、私は人間ウオッチング。
ママ達はどんな水着を着ているか…プール遊びの必需品は…監視員の動き…色んな事に目を向け始めました。
ママ達の水着の傾向は…ビキニで素肌を見せびらかしている人は、ほとんどおらず。全身を隠してしまう程の水着まであるくらい、皆、出来る限り肌を隠していました。
私も、ビキニは着ているものの、長袖のラッシュガード、短パン、と、足は7割見えてはいるが、他はほとんど隠した状態。
プールの遊び道具の定番は、やはりビーチボール。柄はサッカーボール柄が一番多く、次にスイカ柄、そして黄色や水色の無地。無地が多いのは、この施設のレンタル品。
ちなみにビーチボールのレンタル代216円。うちのビーチボールは100均で購入。
監視員さんは、20歳代の若い方が多い中、ちょっと年配…30歳代かな?と、思われるリーダー的な方は、ずっとウロウロと歩きまわっていました。ずっと。
こんな、プールの過ごし方…たまには良いかな〜。
イヤ、きっと今シーズン何度か行くであろうプールは、ほとんどこんな過ごし方になるんだろうな〜。

next page

偶然あったけど

偶然、息子の通っていた絵画教室で一緒だったお母さんと10年ぶりに会いました。
「全然、変わらないですね」と言われました。
見た目は変わったように見えないかもしれません。
と言うのも私は20年以上通っている美容院でずぅっーと同じ髪型にカットしてもらっているからです。
一年中ショートでそれを20年以上も続けている理由で、久しぶりに会う人にとっては変わっていない印象を受けるのかも…
それに着ているモノも以前と全く変わらないためそう感じるのかもしれません。
「変わらない」こう言われて嫌な気はしないです。むしろ嬉しいです。でも正直本当はかなり歳を感じています。
中身は昔とはだいぶ違ってきています。
最近はメガネがないと全然見えないんです。新聞はもちろん美容院で揃えてくれる雑誌も殆ど読めません。
正直記事の内容は理解できずただ写真を見ているだけです。
10年ぶりに会ったと言っても、スーパーだとか駅でとかではなく、病院のロビーだったと言うのが何とも言えない。
話すことも病気の話に集中してしまって、最後はお互いに「お大事に」なんて
主婦の会話じゃない気がする。
きっとまたどこかで偶然あったとしても話題は病気の話になってしまうのかな
何だか寂しい感じがする

next page